【原神】今の原神に足りないもの!サポート・反応特化聖遺物、少なすぎ問題について考察

原神
この記事は約7分で読めます。

今回の記事はサポート・反応特化聖遺物が少なすぎることについての考察です。

サポート聖遺物とは、翠緑の影や旧貴族のしつけなどのサポート能力を持つ聖遺物のことで、

反応特化聖遺物とは、翠緑の影や楽園の絶花などの特定の元素反応に特化した聖遺物のことです。

ちょっと詳しい人ならこれらが強いと言われていることは知っているかもしれません。

今回の記事はこれらが少ないことについてです。

スポンサーリンク
created by Rinker
mouse
¥109,800
mouseのクリエイターPCブランド「DAIV」のノートパソコン。sRGBカバー率100%であり、原神の美麗なグラフィックを堪能するのに最適!サイズは14インチとゲーミングPCとしては小型でありながら、原神をプレイするのに十分な性能を有しています。コスパ良く原神を楽しみたい人にオススメ!

サポート聖遺物について

聖遺物効果
翠緑の影拡散をすると、10秒間、拡散した元素の耐性を40%下げることが出来ます。
拡散ダメージを受けた敵の耐性も下げられます。
旧貴族のしつけ元素爆発を発動したあと、12秒間、チーム全員の攻撃力を20%アップさせます。
千岩牢固元素スキルが命中したあと、3秒間、チーム全員の攻撃力を20%とシールド強化を30%アップさせます。
控えにいても発動できます。
深林の記憶元素スキル、または元素爆発を当てると、8秒間、草元素耐性を30%下げることが出来ます。
控えにいても発動できます。
教官元素反応を起こしたあと、8秒間、チーム全員の元素熟知を120アップさせます。
悠久の磐岩、愛される少女などはあまり使われていないので除外しています。

サポートは重要!…なのに少なくない?

上に挙げた聖遺物は、よく使われているものばかりだと思います。

教官はTA勢がよく使っている印象。

原神では、ダブルメインアタッカーするより、メインアタッカー1人をしっかりサポートする方が良いと言われています。

実際その通りで、メインアタッカーが2人いると、片方が表にいる間にもう片方が無駄になってしまうことなどが理由です。

原神ではサポートが重要!

なら、当然サポート聖遺物は沢山ありますよね?

「ありません」

なぜ、TA勢は星4聖遺物の教官を使っているのでしょうか?

「ないからです」

星4聖遺物には元素エネルギーを配る4セット効果を持つものもあります。

そのような聖遺物の上位互換というだけでも絶対に需要はあるでしょう。

それ以外にも、防御力やHP、元素チャージ効率、元素ダメージ…。

これだけ需要があるのに、少なくない?

サポートが重要なのが原神というゲームです。

にも関わらず、そのサポートに選択肢が少ないのはいかがなものでしょうか?

スポンサーリンク

反応特化聖遺物について

拡散凍結開花
翠緑の影氷風を彷徨う勇士楽園の絶花
悠久の磐岩は(略)

特化している分強い!

反応特化聖遺物は、特定の元素反応に特化しています。

そのため、強いと言われる聖遺物が多いです。

上で挙げたものはどれも強いと言われていますよね。

元素反応の格差社会

反応特化聖遺物は強い。

しかし、数があまりにも少ない。

そうなると起きる問題が、反応の格差です。

例えば、拡散は反応としては弱いですが、翠緑があるとサポートとしてかなり優秀になります。

反応特化聖遺物があることで、その元素反応の評価自体が上がっている良い例です。

では、別の例を見てみましょう。

例えば、過負荷は倍率は多少高いですが、開花の方がダメージの発生回数が2倍ありますし、超開花や烈開花は倍率も1.5倍はあります。

それ以外には何もありません。

例えば、氷砕きは…言うまでもないですよね。

弱い。

反応特化聖遺物のない元素反応は活用する幅が狭く、弱い反応が弱いままになってしまいます。

逆に、反応特化聖遺物があると、かなり強くなります。

これが反応の格差です。

ただし、悠久、お前は例外だ。

でも、悠久だって条件さえ良ければ強い聖遺物ではあるんです。

個人的に聖遺物が追加されて欲しい元素反応

元素反応理由
過負荷倍率は開花と同じだけど、ダメージの発生上限が1回
そのため、ダメージを出すための反応としては弱い
激化特に超激化アタッカーは、現状、最適な4セットがない
熟知依存の固有天賦がない限り、金メッキ(熟知聖遺物)が最適にならない
燃焼ダメージの倍率が低い
蒸発・溶解だけでも使えるキャラは少ないので、反応の起点として使うのは厳しい
氷砕き言わずもがな
現時点でマイナーすぎるので、使う理由が欲しい
結晶悠久が弱いため、元素反応としての結晶にほとんど意味がない
拡散翠緑は強いが、風元素アタッカーにとっては拡散に意味がない

過負荷に特化した聖遺物を考察

吹っ飛ばす、ということから中断耐性のダウンはどうでしょうか?

最近は、聖骸獣が吹っ飛びづらくて大変な思いをしている人も多いと思いますし。

それだけではありません。

ver3.4で開催された「演武伝心」というイベントでは、「魔偶剣豪」という魔偶剣鬼の形をした敵が登場しました。

この敵、実はダウンモーションがあったんです!

ボスでもダウンできる聖遺物、あったら面白いですよね?

激化に特化した聖遺物を考察

激化は最近になって登場した聖遺物で、特に弱いところはないと思うかもしれません。

では、激化アタッカーを見てみて下さい。

どんな聖遺物を付けていますか?

刻晴やフィッシュル、八重神子といった超激化アタッカーは2セット聖遺物をつけることを推奨されます。

4セットじゃないんです。

草激化アタッカー(ティナリやアルハイゼン)は、元素熟知の依存度が高いので、金メッキの夢がよく使われます。
ナヒーダは元素スキルの仕様と、汎用的に草元素パーティで使えることから深林の記憶を使うことが多いです。

金メッキは良い線行っているように見えますが、微妙に激化と噛み合っていません。

激化は攻撃力バフに相当します。

そのため、ダメージバフや会心バフの方が重要です。

また、激化だけでは元素熟知より攻撃力を上げた方が火力が上がります。

熟知依存の固有天賦を持っていてようやく熟知の方が優勢になります。

しかし、金メッキでは熟知か攻撃力のどちらかしか上がりません。

欲しいバフが手に入らないんです。

金メッキは熟知依存のキャラに汎用的に持たせられる良い聖遺物ではあります。
しかし、汎用的な分、特化聖遺物の方が強いのは金メッキより楽園の方が開花にとっては強いことからも分かります。

もし激化特化を作るなら、ダメージバフや会心系を伸ばすのが良いと思います。

反応特化なら予定外のキャラが強くならないように調整しやすいですし。

燃焼に特化した聖遺物の考察

以前、ディシアと燃焼聖遺物について考察をしたので、詳しくはそちらを御覧ください。

簡単に言えば、氷付着の上位版みたいな凍結には氷風があるから、

炎付着の上位版みたいな燃焼には、氷風みたいな効果が考えられます。

スポンサーリンク

その他の聖遺物

今回のタイトルからは少しずれますが、その他の聖遺物についても少し触れたいと思います。

天賦特化聖遺物「絶縁の旗印」

今回の記事を書き始めたときに、絶縁って天賦特化じゃね?と思いました。

強いです。汎用性高いです。

ついでに言えば、サブアタッカーに使える聖遺物なので、サポート聖遺物の条件であるメインアタッカーの邪魔をしない、というのも満たしています。

そこで考えてみたのですが、フィッシュルと八重神子に聖遺物がないのって、元素スキル特化がないことも理由になりそう、と。

バージョン4.0で元素スキル特化聖遺物「黄金の劇団」が実装されます。

通常攻撃や重撃は結構沢山ありますし、元素爆発はすでに絶縁と旧貴族があります。

元素爆発が重いキャラは絶縁、軽いキャラは旧貴族。
元素エネルギーが重いと倍率が高いから、火力を上げる絶縁、
軽いとクールタイムが短いから、サポートをする旧貴族というのは理にかなっていますね。

でも、元素スキルにはないんですよね。

花海は条件厳しいですし。

通常攻撃や重撃はやたらと数が多いですが、サブアタッカー用としては使えないので、控えから使えるものが欲しいところ。

スポンサーリンク

おわりに

今回はサポート・反応特化聖遺物が少ないという問題についての考察でした。

原神運営は、キャラを直接いじるような強化をするつもりはなく、聖遺物などの追加で強化していく、ということをインタビューで語っています。

早く追加してほしいですよね。

スポンサーリンク
原神
ゆうき

七七、クレー、ディオナ、早柚、ドリー、ナヒーダ、ヨォーヨ、フリーナ、シグウィンが好きです。
YouTubeもやっています。

ゆうきをフォローする
シェアする
ゆうきをフォローする

コメント

  1. 旅人 より:

    個人的には激化や感電、燃焼などは元素共存や状態を維持して次点の反応に繋げる「元素反応の橋渡し役」なんじゃないかなと思っているので強化されないのではと思ってみたりします。

    するとしても氷風のように状態を維持している時にプラスアルファで効果があるような反応自体が強化されるのではなく、維持することによるボーナスみたいな強化されるような周りくどい感じを考えちゃいますね〜

    でもやっぱりナヒ2凸のような燃焼会心は起こしてみたい…

    • ゆうき ゆうき より:

      コメントありがとうございます

      私としては激化や燃焼は元素反応の起点にはなり得ないと思っています
      理由がありまして
      激化は反応の起点にすると原激化状態が解けてしまって本末転倒なこと
      燃焼は、甘雨とナヒーダを使う以外に現状、良い方法がないことです
      (烈開花で燃焼を起こして蒸発を起こしやすくする、という使い方はできそう?)

      ただ、感電については自分も手を加える必要性は感じていないですね

      とは言え、すでに強いはずの開花に楽園を渡した運営ですから、わりと望みはある、はず?
      凍結についても氷砕きの起点になるし、足止めに使えるのに氷風が追加されているわけですし

      • 旅人 より:

        ごめんなさい!激化は激化状態を維持することで次点の草激化、超激化に繋がるというニュアンスでした。激化オーラと書けばよかったですね…

        燃焼は実際そうなんですよね〜ただ付着頻度や元素量とかをいじることで草下地によって水下地になりにくくなったりして蒸発や開花を選べるので今後のキャラに期待してます〜

        わたしも運営のさじ加減で状況は簡単に変わると思っているので強化が来るか来ないかでいったら全然来て欲しい派です、編成を考えるモチベ上がるし!

        • ゆうき ゆうき より:

          そういうことでしたか
          その意味でいうと多分、激化オーラと書かれても勘違いしちゃてたかもしれません
          原激化は単体では意味がなく、草激化・超激化まで含めてようやく意味があるので
          過蒸発や燃焼溶解のように別の反応には繋がるのではなく、あくまで激化は同じ反応を起こしているだけと考えているためです

          烈開花蒸発(燃焼)については、正直、微妙なところです
          海外勢が投稿してた烈開花タルタリヤ(ネタでIntergrassionalと呼んでた)では水下地でしたが、
          この場合燃焼は起きていませんでした
          烈開花綾人では炎(燃焼)下地になりましたが、そのせいで開花を起こしづらくなりました
          ただ、敵が多いなら草原核の生成数は多いはずなので、ダメージ発生上限を考えると、上手くいく可能性もあります

          個人的に、蒸発と溶解を使いこなせるキャラが少ないことを炎元素不遇説の理由の一つにしていたので、
          燃焼までキャラに依存してほしくない、っていう…(本音)
          というか、燃焼蒸発とか燃焼溶解ってただの蒸発・溶解以上に厳しいのでは…

タイトルとURLをコピーしました